映画「座頭市物語」を見た

WOWOWで放送していたのものをようやく鑑賞。

最近はいろいろと忙しい。
仕事も余暇も。
さらには今は情報過多の時代。
情報の洪水。
気がつくとどんどんとすぎていってしまう。
BSの局も増えるので、録画もどんどん増えて、
録ったはいいものの、見る時間が限られるという現状。

そんな中、少しゆっくり見たいな~と思ったのがこの作品。
1962年のモノクロ。
主役の市は、泣く子も黙る、勝新太郎。
私人としてはいろいろと話題がつきない人でしたが、
やはり役者として見ると、天下一品。
ものすごい迫力だし、落ち着いた演技。

さらにライバル役が天知茂。
イケメンで、またこれがかっこいいのなんの。
今の役者とはちょっと違いますね。
私としてはテレビ『江戸川乱歩シリーズ』の明智小五郎役が、
ものすごく印象に残っています。

前半部分はゆったりとしたシーンが多く、
海外ドラマ「24」がドンドン展開が変わっていくのとはまさにま逆。

人生として、こういったゆっくりと時間かけて映画を見る事が、
ある意味ぜいたくなのかもしれません。

自分が自分が、とアクセクすることなく、
怒ることもなく、ゆったりとした平穏な生活が一番なんだな~
と、自分を見つめなおすことができる映画でした。

スポンサードリンク

シェアする

フォローする