『FUN HOME ファン・ホーム』簡易観劇感想

話題になっている舞台なので、
観ることができてラッキーでした。

詳細は後日。
まずは簡易観劇感想。
以下ネタバレあり。

そもそも瀬奈じゅんさんに全て言われた

たまたま今回アフタートークがあったのだけれど、
私が書こうとしたことをけっこう言われてしまいました(笑)
演じている人もそう思っていたのでしょうね。

ミュージカルだが、ほぼストレートプレイに近い

ミュージカルナンバーになって、いざ歌うぞ!という区切りある感じではなく、
自然な流れでの歌。
セリフがあって、流れる歌。
ここはかなり印象深い。

役者の「圧」が強い

これも言われた(笑)
今回はそこまでひとりひとり感想は述べませんが、
出てる役者さんの圧力が半端ない。
強い、激しさ、熱情に波動。

別件だが、瀬奈じゅんさんなんて、メガネしてる時としてない時ではイメージが全然違う。
山尾志桜里のように政治家向きのような気もしました。
これはおまけ。

前半を抑え、中盤から後半にかけての盛り上がり

前半は本当に普通な感じ。
ミュージカルナンバーも抑え気味。
だが、中盤から後半にかけて、
前述しているように役者の「圧」が強くなり、
歌の感情移入が凄いことになる。

どの場面も素晴らしいのだけれど、
最後の瀬奈じゅん、大原櫻子、笠井日向、アリソンの3人のミュージカルナンバーは圧倒的だった。
涙を流しそうになった。
これがなぜたかはわからない。
なぜだかわからないのに涙が出そうになる。
不思議な感覚。
ちなみに、私の近くの観客は号泣、嗚咽が物凄かった。
人それぞれ。

そしてやっぱりという言い方は変なのだけれど、
吉原光夫の最後のソロは圧倒的。
いや凄かった。
「圧」も半端ない。
プロだから当たり前なのだけれど、
ブルースの人生、ヘレンへの気持ち、子供たちへの気持ち、ゲイである心の奥底にある葛藤、
様々なことが集約されているナンバー。
率直にすごいとしか書けない。

スポンサードリンク



ジョーン役がおいしい

これも言われた。
ほんと、おいしい役だと思う。
特に横田美紀がいい味をだしている。
他のメンバーが濃過ぎるので、逆に自然な感じが受け入れやすかった。

紺野まひるの陽気さ

これは役の話しではないのだけれど、
笑い上戸で面白い人だな~とつくづく思いました。
おそらく、ずっとあんな感じでしょうね。
かざらない、気さくな人だ。

物語の内容は難しい

正直かなり難しい。
時系列がバラバラ。
おそらくは、漫画家のアリソンがいろいろな思い出の私物等を出して、
そのつど思い返すことによる振り返りがあるためだろう。
私はなんとなくわかるが、とっつきにくい人もいる。

また、ゲイ、レズビアンとLGBTのことが深い。
ここは本当に難しい表現。
ロイのボタンのシーンは、本当にヤバイな~という独特な空間。

なによりなぜ父が自殺したのかが謎。
それを大人になったアリソン、または観客が考える感じ。

パンフレット裏表紙のキーホールダー

小学生アリソンの「鍵の束」のミュージカルナンバー、
そして父との鍵の受け渡し、
いろいろと深い。
ものすっごく深い。
2回見ないとわからないことが多い。

笠井日向 小学生のアリソン

彼女の舞台はけっこう観ています
そして今回。
ま~すごい。
3人の子役のミュージカルナンバーは、完全に彼女が主導している。
表情が豊かなのは当然として、
彼女の独特の質問の仕方が面白い。
「何か特徴あった?」
あれは彼女の個性だと思う。
首をカクカク動かすところも独特。

そして後半の「鍵の束」Ring of Keys
これは海外の子にもひけをとらないでしょ?

いや~越えてるでしょ。
お世辞いいたくないけど。
それだけ、めちゃくちゃ素晴らしい。
それまでもソロで歌っているけれど、
特にここでの印象は観客としても圧倒される。

同期の子供たちは何を感じるか?

そしてこの姿を観て思ったことは、
彼女の同期、彼女が子役だった時の上の年齢の子はどう思ったのだろうか?
何かとても複雑。
おそらくは自分をも振り返るだろう。

これだけできてしまうと、次はよっぽどの役でないと。
大人の階段を上りきる直前。

あくまで私の意見としては、
ミュージカルピーターパンのピーターパン役が観たいところ。
ホリプロさんの関係者が観ていたら、
ぜひピックアップしてほしいところ。
まっ、ホリプロに入らないとダメですが。

※敬称略
『FUN HOME ファン・ホーム ある家族の悲喜劇』

※追記
詳細な観劇感想↓
「FUN HOME ファン・ホーム ある家族の悲喜劇」観劇感想